ようこそ、塩谷 すもも.キウイ農園へ。

 

「すもも のおいしさを多くの人に知ってもらいたい。」
山梨県南アルプス市は日本一のすもも生産量を誇る県内産地の1つ、北に八ヶ岳.南に富士山を望み

甲府盆地を眺望できる豊かな山間に畑があります。
残念ながら、すももというと「酸っぱい」というイメージが先行してしまいがちですが
私たちが栽培しているものは、なるべく長い時間をかけて樹で熟させた完熟すもも
低農薬.有機堆肥で栽培している当園のすももを多くの人に知ってもらいたい

併せて近年取り組み始めたキウイフルーツ栽培を紹介しているページです。


ブログ

キウイの受粉作業

今日はキウイフルーツの受粉作業。 キウイの受粉は、こんな感じで一花づつ丁寧に花粉を吹き付けて行きます。

花は一週間くらいかけてぱらぱらと咲きそろうので、その間、作業は早朝から、その日に咲いた花に付け終わるまで続きます。

広いキウイ園、作業は目印を付けて効率良く。

作業済の印はこの赤い花、これは花粉に食紅で赤く染めた増量剤を混ぜて吹き付けている為、この時期、白いキウイの花は、赤いワンポイントに染まります。

キウイの花

キウイフルーツは今が花の時期、こんな感じの白い花が咲きます。

キウイにはメス樹とオス樹が有り、果実を収穫するにはセットでの植え付けが必須。 花の形は、左がメス.右がオスです。 キウイの受粉は咲いてから3日以内、 オス花が咲き出したら大急ぎで摘み取って花粉を採取、メス樹への受粉に備えます、明日からキウイの受粉作業が始まります。