寒肥

キウイフルーツの出荷も終わり、本年の出荷物は全て完了、これからは来年に向けての仕事です。

これは発酵鶏糞、ニワトリのうんちを発酵させたものです、安価で肥料成分に富み使いやすい資材ですが臭ちゃいのが玉に瑕、マスクとゴム手は必須です。

この時期に施肥するのを「寒肥」と書いて「かんごえ」「かんぴ」と呼びます。
 寒い時期に、植物の生長はほとんどありません。しかし、この時期の肥料は土の中で植物が吸収されやすい形にかわり春の生長期に効き目を表す肥料となります。樹木のように年間の施肥量で元肥が大きなウエイトを示すものには特に大切になってきます。 当農園は、先の堆肥に加えて画像の鶏糞さらに有機系肥料をたっぷり与えて春に備えます。